クレジットカード

審査なしや必ず審査に通るクレジットカードは存在する?どんな人でもクレカを作るコツ

審査なしのクレジットカード

利用分を翌月以降に支払うクレジットカードは、審査なしでは申し込みできません。

クレジットカード料金の未払いを防ぐため、法律で支払い能力の審査が義務付けられているからです。

クレジットカードはネットショップや海外でも便利に利用できるものの、これまでの支払いが滞っていたり信用情報に傷がついていると審査に通過できません。

審査に通るか不安なら、比較的通りやすい条件のクレジットカードに申し込むと発行できる可能性が高まります。

本記事では以下の項目を解説。

  • 審査なしでクレジットカードを発行できない理由
  • 比較的審査に通りやすいクレジットカード
  • クレジットカードの審査基準と通りやすくするポイント
  • 審査なしでクレジットカードの代わりに利用できるカード

比較的発行しやすいクレジットカードに申し込み、審査通過の可能性を高めましょう。

合わせて審査なしでクレジットカードの代わりに利用できるカードも紹介します。

ネットショップや実店舗でも利用できるので、クレジットカードが発行できない人は申し込みを検討してください。

当サイトが独自に調査した比較的審査に通りやすいクレジットカードは、以下の通りです。

クレジットカードの審査に自信がないならACマスターカード!

ACマスターカード

ACマスターカードは、即日発行も可能なクレジットカードです。

アコムが発行しているため、毎月少しずつでも収入があれば審査通過できる可能性があります。

  • 審査が厳しいプロパーカードの審査に落ちた
  • クレカの審査に自信がない
  • 早めにクレジットカードが欲しい

以上の3つに当てはまる人は、ACマスターカードの審査に申し込んでみましょう。

この記事の内容

審査なしではクレジットカードを発行できない

以下の理由により、審査なしで発行できるクレジットカードはありません。

  • クレジットカード会社に貸し倒れのリスクがある
  • 法律により申込者の支払い能力を調査するよう決められている

クレジットカードはクレジットカード会社が商品代金を立て替え、後で支払ってもらう仕組みで利用するカードです。

支払日までにお金を用意できればいいので、購入時にお金がなくても高額な商品やサービスを購入できてしまいます。

収入がなくお金がない人にクレジットカードを発行すると、購入した分の支払いができず滞納に繋がる可能性も。

貸し倒れリスクを避けるためにも、クレジットカード会社は審査を実施したうえでクレジットカードを発行します。

改正割賦販売法によって支払い能力を超える枠の設定が禁止されている

改正割賦販売法により、クレジットカード会社には利用者の支払い能力調査が義務付けられています。

支払い能力を調査する理由は、利用者が支払いによって生活を圧迫されないためです。

支払い能力を調査した結果、立て替えたお金を支払える状態にないと判断されれば、クレジットカード自体が発行されません。

「過剰与信防止義務」とは、消費者がクレジットの支払いのために日々の生活に困窮したり、住宅などの財産を手放したりすることなく、自分の支払い能力を超えない範囲で安心してクレジットの利用ができるよう、クレジット会社に対して、消費者の支払い能力を調査する義務を負わせ、その範囲内で与信をさせることです。

出典:消費者の安心・安全を守るクレジット契約の新ルール~改正割賦販売法~│政府広報オンライン

毎月一定の収入がない人は原則審査に通過できないので、まずは収入を得るところから始める必要があります。

クレジットカードを発行するなら、審査を受けて支払い能力の範囲内で利用しましょう。

比較的審査難易度の低いクレジットカードは選べる

審査なしのクレジットカードはなくても、比較的審査難易度の低いカードは選べます。

審査難易度が低いクレジットカードの特徴は以下の通りです。

特徴 理由
流通系または消費者金融系 ・流通系は自社サービスの利用促進を目的としている
・消費者金融系はもともと融資をメインとしている
年会費が無料 年会費がかかるとカードの維持が難しい層も発行の対象としている
即日審査可能 時間をかけて審査するカードよりも間口を広げている
キャンペーンが多いクレジットカード 積極的に顧客を獲得しようとしている
デポジット型 保証金を預ける仕組みで支払い能力を示しやすい

審査難易度が低めなクレジットカードの特徴をチェックして、より多くの条件を満たすカードに申し込みましょう。

クレジットカードの分類は流通系または消費者金融系がおすすめ

クレジットカードは発行している会社によって分類でき、流通系または消費者金融は審査難易度が低い傾向にあります。

クレジットカードの種類 審査難易度 発行元 クレジットカードの例
流通系 低め ・スーパーマーケット
・百貨店
・家電屋
・楽天カード
・イオンカード
・ビックカメラSuicaカード
消費者金融系 低め 消費者金融 ・ACマスターカード
・プロミスVisaカード
信販系 やや低め 信販会社 ・オリコカード
・ライフカード
銀行系 高め 銀行 ・三菱UFJカード
・Oliveフレキシブルペイ
プロパー系 高い 国債ブランド ・JCBカード S
・アメリカン・エキスプレス・グリーン・カード

スーパーマーケットや百貨店といった商業施設が発行するクレジットカードを、流通系と言います。

流通系は自社サービスの利用促進を目的として発行されているため、顧客獲得に積極的な傾向です。

毎月収入があれば学生でも発行可能なので、審査に通りやすい傾向があると分かります。

消費者金融系クレジットカードは、プロミスやアコムが発行するカード。

キャッシング目的でクレジットカードを発行したい人にも向いているため、収入が低めでも申し込めます。

銀行系やプロパー系は審査難易度が高いため、審査が不安な人は避けましょう。

年会費や発行時間にも注目する

審査に通過したいなら、クレカの年会費や審査時間にも注目しましょう。

年会費無料のクレジットカードは、年会費がかかるクレジットカードよりコストがかからず維持しやすいです。

例えば年11,000円の年会費が必要なカードは、入会時に11,000円支払っても苦にならない収入を得ている人しか持てません。

収入が低く年会費の支払いも厳しい人は、年会費があるクレジットカードを維持できると判断できず審査に落とされてしまいます。

年会費無料ならカードの維持にお金がかからず誰でも発行できるので、審査難易度が低めです。

即日審査可能なクレジットカードは利用者の利便性を重視していて、時間をかけて審査するクレジットカードよりも審査のハードルを下げていると考えられます。

審査に自信がない人は、即日もしくは翌日発行のクレジットカードを選びましょう。

キャンペーンが多いクレジットカードは、積極的な顧客獲得を目指しているため審査通過の可能性が高いです。

審査に通過したいなら、幅広い顧客をターゲットとしているクレジットカードを選びましょう。

デポジット型は支払い能力を示しやすい

デポジット型のクレジットカードは、信用情報に傷があっても発行できる可能性が高いです。

デポジット型のクレジットカードとは、申込時にデポジット(=保証金)を預けて発行するカードです。

クレカの限度額は預けたデポジットによって決まり、10万円預ければ毎月の限度額が10万円になります。

【例】デポジット型ライフカードの保証金例

カードの種類 ライフカード ライフカードゴールド
預けるデポジット金額 3~10万円 20~190万円
毎月の限度額 3万円/5万円/10万円 10~100万円/100~190万円

デポジットを預ければ通常のクレカと同様に利用可能で、毎月の支払いは口座から引き落とされます。

プリペイドカードのように都度入金する必要もないため、手軽に利用できます。

ネットショッピングやチケット代金など、クレジットカードがないと支払いが難しいサービスも利用可能です。

決済にクレジットカードが必要なのに発行できない人は、デポジット型のクレジットカードに申し込みましょう。

自分の属性に合うクレジットカードに申し込むと審査通過しやすい

自分の属性に合うクレジットカードを選ぶと、審査通過の可能性を高められます。

属性 向いているクレジットカード カードの例
学生 学生専用のクレジットカード ・学生専用ライフカード
・楽天カード アカデミー
若者 年齢限定のクレジットカード ・JCBカード W
・セディナカードファースト
主婦層 普段利用しているスーパーや百貨店が発行する流通系カード ・エポスカード
・セゾンカード

ターゲット層を決めて募集しているカードは、対象となる世代の顧客を積極的に獲得したい意向があります。

学生なら学生専用のクレジットカード、若者は年齢制限に上限があるクレジットカードを選ぶと、他のカードよりも審査に通りやすい傾向です。

主婦層は、普段利用しているスーパーマーケットや百貨店が発行するクレジットカードを選びましょう。

サービスの利用促進を目的として、間口を広げて顧客を募集している可能性があります。

審査なしのクレジットカードはある?審査通過が不安なときに選びたいカード7選

審査が不安なときに選びたいおすすめのクレジットカードは、以下の7種類です。

クレジットカード 年会費 申込条件 即日審査 ポイント還元率 付帯保険 比較的審査難易度が低い理由
ACマスターカードACマスターカード 無料 20歳以上で安定した収入と返済能力がある人 0.25% ・消費者金融系クレジットカード
・最短即日審査にも対応
プロミスVisaカードプロミスVisaカード 無料 18~74歳で本人に安定した収入のあるプロミス会員※高校生は除く 0.50% 最高2,000万円の海外旅行傷害保険 消費者金融系クレジットカード
Nexus CardNexus Card 1,375円 高校生を除く18歳以上の人 0.50% デポジット型
デポジット型ライフカードデポジット型ライフカード 5,500円 日本国内に住んでいる18歳以上で電話連絡が可能な人 0.50% ・最高2,000万円の海外旅行傷害保険
・最高1,000万円の海外旅行傷害保険
デポジット型
三井住友カード(NL)三井住友カード(NL) 無料 高校生を除く18歳以上の人 0.50% 最高2,000万円の海外旅行傷害保険 最短10秒審査にも対応
楽天カード楽天カード 無料 高校生を除く18歳以上の人 1.00% 最高2,000万円の海外旅行傷害保険 ・流通系クレジットカード
・キャンペーンが豊富
JCB CARD W 券面JCBカード W 無料 ・18歳以上39歳以下で本人または配偶者に安定継続収入のある人
・高校生を除く18歳以上39歳以下の学生
1.00% ・最高2,000万円の海外旅行傷害保険
・最高100万円の海外ショッピング保険
・年齢制限ありのクレジットカード
・最短即日審査にも対応

審査の不安な人が急いでカードを発行したいときは、以下のクレジットカードが向いています。

  • ACマスターカード
  • 三井住友カード(NL)
  • JCBカード W

クレジットカードにカードローン機能も欲しい人は、ACマスターカードまたはプロミスVisaカードが向いています。

キャンペーン期間中に申し込んで審査通過率を高めたい人は、楽天カードを選びましょう。

デポジット型のクレジットカードは、保証金を預ける分他のクレジットカードより審査に通りやすい傾向です。

10万円以上のまとまったお金があるなら、デポジット型クレジットカードを発行して利用実績を積みましょう。

問題なく利用している実績を積めると、審査難易度が高いプロパーカードの申し込みにも通過しやすくなります。

ACマスターカードは消費者金融系で即日発行にも対応可能

ACマスターカード

項目 内容
公式サイト https://www.acom.co.jp/lineup/credit/
年会費 無料
申込条件 20歳以上で安定した収入と返済能力がある人
即日審査
ポイント還元率 0.25%
付帯保険
比較的審査難易度が低い理由 ・消費者金融系クレジットカード
・最短即日審査にも対応

ACマスターカードは、アコムが発行する消費者金融系のクレジットカードです。

クレジットカードにカードローン機能が付帯していて、ショッピングも現金の借り入れもできます。

最短審査時間は20分※で、アルバイトやパートでも一定の収入があれば契約可能です。

自動契約機(むじんくん)に来店できれば即日カードが受け取れて、アプリ上でバーチャルカードを発行すれば来店しなくても即日ネットショッピングができます。

Apple PayやGoogle Payに登録すれば、実店舗での使用にも対応可能です。

支払い能力が低く審査通過の自信がない人や、カードローン機能つきで借り入れもできるカードが希望なら、ACマスターカードを選びましょう。

※お申し込み時間や審査によりご希望に沿えない場合がございます。

ポイント還元率はあまり高くない

一般的なクレジットカードのポイント還元率が0.50%のところ、ACマスターカードは0.25%と高くありません。

月5万円クレジットカードを使う人なら、年間で1,500ポイントの差が出ます。

ポイント還元率 1ヶ月のポイント数 1年間のポイント数
0.50% 250ポイント 3,000ポイント
0.25% 125ポイント 1,500ポイント

とはいえ審査に通過してクレジットカードを持つことが重要なので、まずはACマスターカードを発行して利用実績を積みましょう。

ポイント還元率の高いカードを持ちたい人は、ACマスターカードで問題なく支払いを続けて評価を上げてから別のカードに申し込んでください。

ポイント還元率が低くても、ACマスターカードには以下のメリットがあります。

  • 自動キャッシュバックのためポイント交換の手間がかからない
  • ポイントの期限を気にする必要がない

自動キャッシュバックならポイント交換の手続きを自分でする必要がなく、期限切れの心配もありません。

ACマスターカードは手間をかけずに還元を受けたい人にもぴったりです。

プロミスVisaカードはプロミス会員専用のクレジットカード

プロミスVisaカード

項目 内容
公式サイト https://www.smbc-card.com/nyukai/affiliate/promise/index.jsp
年会費 無料
申込条件 18~74歳で本人に安定した収入のあるプロミス会員※高校生は除く
即日審査
ポイント還元率 0.50%
付帯保険 最高2,000万円の海外旅行傷害保険
比較的審査難易度が低い理由 消費者金融系クレジットカード

プロミスVisaカードは、プロミス会員専用の消費者金融系クレジットカードです。

プロミスVisaカードを発行する方法は以下の通りで、一度プロミスに申し込んで契約する必要があります。

  1. プロミスに申し込んで契約する
  2. プロミスVisaカードの申込内容を入力する
  3. 入会審査が実施される
  4. 自宅にカードが到着する

借り入れの契約をしている人は、プロミスの公式サイトからプロミスVisaカードに申し込めます。

申込内容を入力したら入会審査が実施され、審査に通ったらプロミスのローン機能つきのクレジットカードが自宅に届く流れです。

プロミスVisaカードは年会費無料でも、海外旅行障害保険が付帯しています。

ポイントアッププログラムもあり、獲得ポイント数のアップも可能です。

プロミスVisaカードは即日審査に対応していないため、急ぐ人は別のカードを選びましょう。

海外旅行障害保険やポイントアッププログラムの充実したクレジットカードを希望するなら、プロミスVisaカードが向いています。

Nexus Cardはデポジット型で支払い能力を認められやすい

Nexus Card

項目 内容
公式サイト https://apply.mycredit.nexuscard.co.jp/lp/
年会費 1,375円
申込条件 高校生を除く18歳以上の人
即日審査
ポイント還元率 0.50%
付帯保険
比較的審査難易度が低い理由 デポジット型

Nexus Cardは保証金を預けて利用するデポジット型で、ショッピング専用のクレジットカードです。

デポジットとは保証金を意味し、事前に預けた保証金の範囲内でショッピングができます。

カードを受け取った後にデポジットを支払う仕組みで、Nexus Cardに預けられる保証金は5万円~200万円です。

Nexus Cardに10万円預けたら、10万円までショッピングできます。

保証金は支払いに利用できず、Nexus Cardを退会したときに返金される仕組みです。

万が一返済が滞ったら保証金から差し引かれるため、滞納のリスクがありません。

未払いが起こりにくいたacめ支払い能力も認められやすく、審査に通りにくい人でも発行できる可能性があります。

Nexus Cardは、保証金(デポジット)をお預けいただくことで、ご入会いただきやすくしたショッピング専用カードです。

出典:Q&A│Nexus Card

Nexus Cardは年会費1,375円と、カード発行時に550円のカード発行手数料が必要で、維持費のかかるクレジットカードです。

審査に通りやすい反面維持費がかかるため、以下のような理由でどうしてもクレジットカードが必要な人に向いています。

  • クレジットカード決済しか対応していないネットショップでショッピングしたい
  • クレジット払いのみの賃貸物件への入居したい

審査難易度を下げてクレジットカードを発行したい人は、Nexus Cardを選びましょう。

デポジット型ライフカードは預けた保証金の範囲内で利用できる

デポジット型ライフカード

項目 内容
公式サイト https://www.lifecard.co.jp/card/credit/dp/
年会費 5,500円
申込条件 日本国内に住んでいる18歳以上で電話連絡が可能な人
即日審査
ポイント還元率 0.50%
付帯保険 ・最高2,000万円の海外旅行傷害保険
・最高1,000万円の海外旅行傷害保険
比較的審査難易度が低い理由 デポジット型

デポジット型ライフカードには以下3つの限度額があり、限度額の金額分だけ保証金(デポジット)を預ける仕組みです。

  • 3万円
  • 5万円
  • 10万円

3万円の保証金を預けた人は、3万円までショッピングに利用できます。

デポジット型ライフカードは、限度額10万円を選択するとETCカードも発行可能です。

以下のサービスも付帯していて、日常の困りごとや旅行の際にも便利に利用できます。

  • 弁護士無料相談サービス
  • 最高2,000万円の海外旅行傷害保険
  • 最高1,000万円の海外旅行傷害保険

特に海外旅行でクレジットカードがないと、多額の現金の準備や支払いの手間など不便に感じる場面が多いです。

デポジット型ライフカードは、クレジットカードの審査が通らず旅行を不便に感じている人向け。

ただし年会費5,500円と維持費は高めです。

年会費がかかってもいいので旅行に役立てたい人や、ETCカードを発行したい人はデポジット型ライフカードを選びましょう。

三井住友カード(NL)は最短10秒審査で募集に積極的な傾向

三井住友カード(NL)

項目 内容
公式サイト https://www.smbc-card.com/nyukai/card/numberless.jsp
年会費 無料
申込条件 高校生を除く18歳以上の人
即日審査
ポイント還元率 0.50%
付帯保険 最高2,000万円の海外旅行傷害保険
比較的審査難易度が低い理由 最短10秒審査にも対応

三井住友カード(NL)は、最短10秒審査にも対応しているクレジットカードです。

三井住友カードは銀行系のクレジットカードで、本来なら審査難易度は高めですが、以下の理由で銀行系としては積極的に発行している可能性があると予想できます。

  • 最短10秒審査にも対応している
  • 高校生を除く18歳以上の人が申し込める

短時間での審査に対応しているクレジットカードは、必要最低限の審査で済ませ、積極的にカードを発行しています。

三井住友カード(NL)は、9:00~19:30(毎週月曜1:00~7:45を除く)に申し込むと原則即時発行可能です。

上記以外の時間帯に申し込むと、一時的にショッピング利用枠5万円のみのカードを発行。

★★追記

三井住友カードは以下のようにサービスも充実したクレジットカードです。

サービス 内容
海外旅行傷害保険が付帯している 年会費無料なのに最高2,000万円の海外旅行傷害保険が付帯
ポイントアップできる利用先が多い 特定のコンビニや飲食店でタッチ決済すると7.0%還元
選んだ店舗でポイント+0.5%還元
対象のプリペイドカードへのチャージでVポイントが0.25%還元
・事前エントリーして 対象店舗でカードを利用するとポイント還元やキャッシュバック

審査時間が短く審査に通過しやすいカードが希望の人や、銀行系で信頼性があるカードを発行したい人は、三井住友カード(NL)を選びましょう。

楽天カードはキャンペーンの時期を選ぶのがポイント

楽天カード 券面

項目 内容
公式サイト https://www.rakuten-card.co.jp/card/rakuten-card/
年会費 無料
申込条件 高校生を除く18歳以上の人
即日審査
ポイント還元率 1.00%
付帯保険 最高2,000万円の海外旅行傷害保険
比較的審査難易度が低い理由 ・流通系クレジットカード
・キャンペーンが豊富

楽天カードは流通系のクレジットカードでキャンペーンも豊富なので、審査通過できる可能性が高いです。

入会の際に以下の特典を受けられるうえ、定期的にさらに多くの特典をもらえるキャンペーンが実施されています。

  • 新規入会で2,000ポイントプレゼント
  • カードの利用で3,000ポイントプレゼント

キャンペーンが実施されているときは、特に力を入れて集客を行っている時期です。

通常より審査に通りやすい可能性もあるため、審査の不安な人が楽天カードを発行するならキャンペーン期間中に申し込みましょう。

楽天カードはポイント還元率が1.00%あるため、他のクレジットカードよりも還元率が高めです。

年間20万円利用する人は、還元率0.50%のカードより1,000ポイント多く受け取れます。

ポイント還元率 年間のポイント数
0.50% 1,000ポイント
1.00% 2,000ポイント

受け取ったポイントの利用先も幅広く、楽天ポイントカードの利用できる店舗でショッピング代金に充当できます。

楽天カードは大学生でも発行しやすく、アルバイトで毎月数万円ほどの収入があるだけで審査に通過できる可能性が高いです。

より審査に通りやすいキャンペーンを利用してお得に発行したい人は、楽天カードを選びましょう。

JCBカード Wは39歳まで限定でターゲット層なら審査通過の可能性が高まる

JCB CARD W 券面

項目 内容
公式サイト https://www.jcb.co.jp/ordercard/kojin_card/os_card_w2.html
年会費 無料
申込条件 ・18歳以上39歳以下で本人または配偶者に安定継続収入のある人
・高校生を除く18歳以上39歳以下の学生
即日審査
ポイント還元率 1.00%
付帯保険 ・最高2,000万円の海外旅行傷害保険
・最高100万円の海外ショッピング保険
比較的審査難易度が低い理由 ・年齢制限ありのクレジットカード
・最短即日審査にも対応

JCBカード Wは39歳までしか申し込めない、若者限定のクレジットカードです。

ターゲット層が明確で、対象年齢の人が申し込めば審査通過できる可能性があります。

クレジットカード会社が若者層へのカード発行に積極的な理由は、今後長く利用してくれると予想できるため。

例えば70歳までクレジットカードを使うとして、20歳で契約すると50年間カードを利用できます。

より若い人に向けたクレジットカードなので、20~30代で審査に不安がある人はJCBカード Wを選びましょう。

JCBカード Wはスーパーホワイトにもおすすめ

クレジットカードを一切持ったことがなく、支払実績がない人はスーパーホワイトと呼ばれています。

収入や支払い能力があっても、これまで問題なく支払いをした記録もないため、本当に支払いできるのか分からず審査落ちするケースも少なくありません。

JCBカード Wは初めてのクレジットカードとしても最適で、学生が申し込むなら収入の有無も問われません。

スーパーホワイトでもJCBカードWの審査は積極的に対応してもらえるので、クレカの申し込みが初めての人もJCBカード Wを選びましょう。

クレジットカード審査のポイント4つと審査に落ちる理由

クレジットカードの審査では、各ポイントごとに審査でマイナスに働く評価があると審査落ちする傾向です。

クレジットカード審査のポイント 審査に落ちる理由
延滞の有無 過去の支払いで延滞している
他社からの借入額 ・年収の3分の1近い借り入れがある
・他社クレジットカードの限度額が高い
安定継続収入の有無 支払いができるだけの収入を得ていない
勤続年数 勤続年数が極端に短い

クレジットカードの審査は、支払い能力の確認を目的として実施されます。

利用分のお金を支払えない可能性が高いと判断されれば、審査に通らずカードも発行できません。

クレジットを利用するためには、クレジット会社(2者間契約では販売会社)の審査を経なければなりません。クレジットの代金は後払いですので、この審査は消費者の「支払いをする能力=後日、クレジットの代金を支払ってくれるかどうか」を見極めるために行われます。

出典:クレジット会社の審査│日本クレジット協会

過去の支払いを延滞している人は、申込時に収入があっても「支払いに対する意識が低い」「また延滞するかもしれない」と思われるため審査で不利に働きます。

1~2回の延滞ですぐに支払っているならほとんど影響はありませんが、3ヶ月以上の滞納を何度も繰り返している人は審査通過が難しい傾向です。

クレジットカードにキャッシング枠を付帯させたいときは、他社からの借入額も影響します。

すでに他のサービスからお金を借りているときは、キャッシング枠の審査に通過できない可能性が高いです。

勤続年数が極端に短いと、今後退職して収入を得られなくなるかもしれないと警戒されて審査に通りにくくなります。

クレジットカードの申込前に、各審査ポイントについて対策をしてから申し込みましょう。

過去の支払いで延滞を起こしている

過去の支払いで延滞を起こしていると、以下のように判断されてクレジットカードの審査に通りません。

  • 新たなクレジットカードに申し込む時点でお金に困っている
  • 支払いの管理ができていない
  • 支払いできるお金がない

クレジットカードへ申し込みした時点で他社の滞納を解消できていないなら、クレジットカードの支払いに回す余裕はありません。

過去に延滞しており現在は完済していたとしても、支払いの管理ができない人だと思われて審査に不利です。

クレジットカード会社は、申し込みを受けると信用情報を調査します。

信用情報とは、過去にクレジットやローンを利用した記録で、支払い状況や利用状況の確認が可能です。

支払いに関するすべての情報が紐付けられて記録されているため、クレジットカードとは関係のない金融機関の情報もすべて分かります。

クレジットカードの申込時に「他社借入はない」と嘘をついても、信用情報を照会すればすぐにバレる仕組み。

むしろ「嘘をついてまで申し込んだ」とマイナス評価になるため、隠さず記入する必要があります。

延滞の記録は5年間残るため、延滞解消から5年経過しないとクレジットカードの審査に通過できせん。

過去に支払いを延滞した人は、完済から5年待って申し込みましょう。

延滞継続中の人は、まず完済を目指す必要があります。

他社で年収の3分の1近いお金を借りている

他社で年収の3分の1近いお金を借りていると、クレジットカードの審査に通りにくいです。

クレジットカードにはキャッシング枠がつけられ、希望するとショッピング枠とは別に審査が実施されます。

クレジットカードの枠 審査の目的 審査項目
ショッピング枠 立て替えたお金を支払えるか確認する ・安定継続収入
・支払いの延滞
・他社クレジットカードの限度額
キャッシング枠 借りたお金を返済できるか確認する ・安定継続収入
・支払いの延滞・他社借入額

キャッシング枠は借り入れとして扱われ、審査では他社借入額を含めて年収の3分の1におさまるかを調査されます。

貸金業法によって、以下の金融機関からは年収の3分の1以上借り入れできないと定められています。

  • クレジットカードのキャッシング枠
  • 消費者金融
  • 信販会社が発行するカードローン

クレジットカードの審査申し込み時点で、年収の3分の1近い借り入れをしている人がキャッシング枠を希望すると、審査に通りません。

クレジットカードの審査通過を目指すなら、以下の対策をしましょう。

  • キャッシング枠を希望しない
  • 返済を進めて借入額が年収の3分の1より少なくなってから審査を受ける

現金を借りる必要がないなら、キャッシング枠は0円で申し込みましょう。

最近のクレジットカードでは、申込時に自動でキャッシング枠が付帯する設定になっているケースがあります。

申込時に必ず選択できるので、「希望しない」にチェックを入れてください。

キャッシング枠を付帯すると、追加でポイントがもらえるキャンペーンを実施しているカードもあります。

お得に感じるものの、審査通過に自信がない人は希望しないで申し込みましょう。

キャッシング枠が必要なら、借入額を年収の3分の1以下に減らしてから申し込むと、審査通過できる可能性があります。

他社クレジットカードの限度額が高いとカード自体を発行できないケースもある

ショッピング枠の審査では、他社クレジットカードの限度額も含めて支払えるかが審査されます。

クレジットカードの限度額は、以下の情報を元に支払可能見込額を計算して決まります。

  • 年収
  • 生活維持費(住宅ローンや家賃の有無、家族人数を元に決定)
  • 他社も含めたクレジットカードの年間支払予定額

支払可能見込額の計算式は、以下の通りです。

【年収-生活維持費-他社も含めたクレジットカードの年間支払予定額】

生活維持費は割賦販売法施行規則によって決められています。

世帯人数 住宅ローンや家賃の支払いなしの生活維持費 住宅ローンや家賃の支払いありの生活維持費
1人 90万円 116万円
2人 136万円 177万円
3人 169万円 209万円
4人以上 200万円 240万円

※居住地によって異なるケースあり

例えば年収200万円で生活維持費が116万円なら、計算上84万円までのショッピング枠を設定可能です。

しかし他社で限度額80万円のクレジットカードが発行されていれば、残りは4万円となり新たなクレジットカードの審査に通過できない可能性も。

すでにクレジットカードを保有している人は、支払可能見込額が0円に近くないかチェックしましょう。

支払可能見込額が0円に近いときは審査通過の可能性が少ないので、今あるクレジットカードでやりくりしましょう。

新たなカードを持ちたい人は、クレジットカードを解約したうえで申し込み直す必要があります。

ただしカードの利用歴が短すぎると、次のカード審査に通りにくい傾向です。

少なくとも1年間は継続利用してから、新たなカードに申し込みましょう。

安定継続収入を求められるカードで条件を満たしていない

クレジットカードを発行するなら、毎月同じくらいの収入を得ていなければいけません。

収入がないと支払いに回すお金を用意できないため、年収は重点的にチェックされます。

安定収入がない人は、パートやアルバイトでもいいので働き始めてから審査に申し込みましょう。

例外的に収入がなくても申し込めるのは、学生がクレジットカードを発行するときです。

例えばJCBカード Wは、申込条件を以下のように定めています。

  • 18歳以上39歳以下で本人または配偶者に安定継続収入のある人
  • または高校生を除く18歳以上39歳以下の学生

学生以外の人が申し込むときは、本人だけでなく家庭の収入を基準に審査される可能性があります。

学生に収入の条件が定められていないのは、学校に子どもを通わせられる家なら世帯として収入があると予想できるためです。

学生でも審査通過できるよう、申込時に世帯収入を正しく記入しましょう。

世帯収入とは、自分が戸籍を置いている世帯全体の収入のことで、学生なら両親の年収が該当します。

クレジットカードに申し込むときは、両親と話し合って世帯収入を聞いておきましょう。

卒業が近づいているなら、学生のうちに申し込みを済ませると審査に通る可能性が高まります。

働き始めたばかりで勤続が短いと審査通過が難しい

働き始めたばかりでクレジットカードを申し込んでも、審査通過は厳しい傾向です。

アルバイトやパートで働き始めたばかりの人は、正社員と比較して仕事を辞めやすいからです。

厚生労働省が調査した雇用動向調査では、パートやアルバイトの離職率が正社員の2倍以上あると分かりました。

雇用形態 離職率
正社員 11.9%
アルバイトやパート 23.1%

参考:令和4年 雇用動向調査│厚生労働省

パートやアルバイトは正社員ほど仕事に責任が伴わず、個人の都合で簡単に辞めるケースが多いです。

申込時は働いていても、2ヶ月後に仕事を辞めていれば収入がなく、支払い能力がなくなってしまいます。

長期的に支払い能力がある人でなければ、クレジットカードの審査には通過できません。

今度も仕事を続け、安定して収入を得続けると判断されるためには、少なくとも2ヶ月~3ヶ月程度働き続ける必要があります。

仕事を始めて1ヶ月経過していない人は、3ヶ月程度経過するのを待って、収入が安定し始めてから審査に申し込みましょう。

クレジットカードの審査通過率を高めるために試すべき対策3つ

できるだけクレジットカードの審査に通過するため、申込時に抑えておきたいポイントは以下の3つです。

  • 複数のクレジットカードに申し込まない
  • 審査に必要な情報は正確に入力する
  • 審査難易度の高いカードは避ける

本来はクレジットカードの審査に通過できる状態でも、複数のカードに申し込むと審査落ちするケースがあります。

審査に必要な情報は正確に入力しないと、審査が正確に行えません。

審査の不安な人が最初から審査難易度の高いカードに挑戦すると、カードを発行できない可能性が高いです。

審査に通る条件にもかかわらず審査落ちしないよう、情報を正しく入力して1枚のみ申し込みを行いましょう。

クレジットカードの審査は1枚ずつ受ける

クレジットカードの審査は、1枚ずつ受けなければいけません。

同時に複数申し込むと、以下の理由で審査に落ちやすいからです。

  • 生活に困って急いでカードを発行したがっていると思われる
  • 支払可能見込額の範囲を超える

複数のクレジットカードに申し込むと、今すぐクレジットカードを発行しなければ生活が成り立たないほど、お金に困っていると判断される可能性も。

生活に困っている人には支払い能力がないため、クレジットカードの審査に通りません。

クレジットカードの複数申し込みは避けて、1枚目の審査結果が出るまで待ちましょう。

クレジットカードの複数申し込みをすると支払可能見込額がはっきりしない

クレジットカードの複数申し込みをすると、支払可能見込額がはっきりしないため審査に落ちる可能性があります。

一度に複数の審査に通れば、クレジットカードの年間支払予定額が大きく変動するからです。

例えば50万円の枠でクレジットカードを発行したあと、他のクレジットカードの審査にも通過したと仮定します。

クレジットカード会社 A社のみカードを発行する A社とB社でカードを発行する
A社の利用可能額 50万円 50万円
B社の利用可能額 0円(未契約) 30万円
合計 50万円 80万円

A社のカードのみを発行すると、クレジットカードの利用可能額は50万円のみ。

しかし、A社とB社のクレジットカードを両方発行すると、利用可能額は80万円までに跳ね上がります。

支払い能力が不足する可能性もあるため、どちらのクレジットカードも審査落ちする可能性があります。

審査結果が不安なら、最短即日審査結果の出るクレジットカードに申し込みましょう。

  • ACマスターカード
  • 三井住友カード(NL)
  • JCBカード W

不安に思いながら審査結果が出るまで待たなくて済みます。

審査に必要な情報を正確に記入して伝える

審査に必要な情報は、正確に記入してクレジットカード会社に伝えましょう。

クレジットカードに申し込むと、入力フォームに情報の入力が求められます。

クレジットカードの審査は入力された情報を元に実施されるので、適当に記入するのではなく、入力ミスやあいまいな情報がないかチェックしたうえで送信しましょう。

入力ミスがあると、審査に通るために良く見せようと嘘の入力をしている可能性が疑われます。

例えば年収が200万円なのに、手元に給与明細や源泉徴収票がない状態で「230万円程度だったと思う」と高めに記載すれば、嘘だと判断されやすいです。

嘘があると信用を失い、審査に通りません。

以下の項目は審査結果に直結するので、特に慎重に入力しましょう。

  • 年収
  • 勤務先の名称と連絡先
  • 連絡先

収入に直結する内容に間違いがあれば、嘘を疑われやすいです。

連絡先が間違っていると、連絡がつかず虚偽申請だと思われる可能性も。

携帯電話しか持っていない人は、携帯電話の番号入力だけで構いません。

自宅に電話がある人は、固定電話の番号も記入すると済むところが決まっているとはっきりして審査通過の可能性が高まります。

申し込みフォームはミスなく丁寧に入力しましょう。

最初から審査難易度の高いカードに申し込まない

審査が不安なときに最初から審査難易度の高いカードに申し込むと、審査落ちする可能性が高いです。

  • 銀行系やプロパー系のクレジットカード
  • ゴールドカードやプラチナカード

銀行が発行する銀行系や国際ブランドが発行するプロパー系は、ステータス性と審査難易度が高い傾向です。

クレジットカードの中でも低ランクの一般カードは、ゴールドカードやプラチナカードといった上位カードよりも発行しやすくなっています。

将来的にゴールドカードやプラチナカードを発行したい人は、一般カードで実績を積みましょう。

  • クレジットカードを定期的に利用する
  • 支払いを延滞しない

クレジットカードを保有しているだけでは支払い状況が確認できないため、カードを定期的に利用しましょう。

月1万円程度でも構わないので、継続的な利用がポイントです。

一般カードで延滞すると、枠が高額になりがちな上位カードではさらに延滞の危険性が高まります。

1度でも延滞すると上位カードは発行できないと考え、支払い管理を徹底しましょう。

忘れそうな人はリマインダーアプリや手帳を活用すると、支払い日を忘れにくいです。

必ず審査が通るクレジットカードを発行したい人向けの代替カード3選

必ず審査が通るクレジットカードを発行したいのに審査に通らなかった人は、以下の代替カードを発行しましょう。

カードの種類 特徴 ネットショッピングでの利用 向いている人
デビットカード ・口座の残高以内で利用できる
・即時払い式で延滞の心配がない

※J-Debitは不可
チャージの手間を避けて審査不要のカードを持ちたい
プリペイドカード 事前にチャージした金額のみ利用できる 使い過ぎを防ぎたい
家族カード ・本会員の利用可能枠の範囲内でカードが使える
・本会員が審査を受けているので家族会員は審査がいらない
クレジットカードを持っている家族がいる

3種類のカードは、いずれを選んでも審査なしで発行できてネットショッピングにも利用可能です。

カードの特徴をチェックして、自分に合うカードを利用しましょう。

デビットカードは即時払い式の口座残高以内で利用できるカード

デビットカードとはクレジットカードと同様に利用できる、即時払い式のカードです。

デビットカードで決済すると、その瞬間に登録していた口座からお金が引き落とされます。

クレジットカード会社に立て替えてもらう必要がないため、審査無しで利用可能です。

例えば口座の残高が20万円なら、最高で20万円までの商品を購入できます。

20万円を超えて決済しても、口座に残高がないためカードを使用できません。

口座の残高を超えて使用できない仕組みで、延滞がないため審査なしで発行できます。

デビットカードは事前チャージ不要で、手軽に使用できるのがメリットです。

事前にチャージする手間をかけずに決済できるカードが希望なら、デビットカードを選びましょう。

デビットカードには2種類ある

デビットカードには以下の2種類があり、店舗では同じように使えます。

デビットカードの種類 発行方法 海外での利用 実店舗での使用 ネットショッピング
国際ブランドが発行するデビットカード 国際ブランドやクレジットカード会社の公式サイトから申し込む
※各ブランドの加盟店で決済可能
J-Debit 金融機関のキャッシュカードをデビットカードとして使用する

国際ブランドが発行するデビットカードは、国際ブランドやクレジットカード会社の公式サイトから申し込んで取得します。

例えばJCBからはJCBデビットが発行され、クレジットカードと同様にJCB加盟店で決済可能です。

国際ブランドが発行するデビットカードは、海外やネットショッピングでも利用できて、利便性の面でもクレジットカードと同じイメージで使えます。

違うのは支払い方式で、デビットカードは即時払いで口座残高以上の利用ができません。

J-Debitとは、金融機関のキャッシュカードをデビットカードとして使用する方式です。

新たに発行する手間なく支払いに利用できますが、海外やネットショップでは利用できません。

決済に利用できるのは、J-Debit加盟店です。

海外やネットショップで利用する予定がない人は、J-Debitを選ぶとすぐに決済ができます。

先払い式のプリペイドカードなら審査不要で誰でも申し込める

先払い式のプリペイドカードは、審査不要で誰でも申し込めます。

プリペイドカードは、カード取得後にチャージした金額のみ決済に利用できる仕組みです。

入金額を少なくすれば、使い過ぎの心配もありません。

事前にチャージした金額を超えた利用はできず延滞の心配がないため、審査不要で作成できます。

プリペイドカードの例は、以下の通りです。

  • Visaプリペ
  • ソフトバンクカード
  • JCBプリペイドカード
  • 楽天銀行プリペイドカード
  • dカードプリペイド
  • バンドルカード
  • Kyash

VisaプリペやソフトバンクカードならVisa加盟店、JCBプリペイドカードや楽天銀行プリペイドカードはJCB加盟店と、カード記載の国際ブランド加盟店で決済に利用できます。

ネットショッピングでの利用にも対応可能です。

チャージの手間はかかりますが、入金した金額以上使えないため使い過ぎが心配な人はプリペイドカードを選びましょう。

Visaプリぺのようにオートチャージにも対応できるプリペイドカードなら、入金の手間もかかりません。

プリペイドカードにはアプリがあるものも多い

プリペイドカードには、アプリがあるものも多い傾向です。

アプリを利用すれば、カードがなくても手軽にチャージや支払いができます。

例えばソフトバンクカードのアプリでは、以下の機能が利用可能です。

  • バーチャルカード
  • オートチャージ
  • Apple PayやGoogle Payに登録しスマホをかざして決済

アプリを活用すれば、カードを持ち歩かなくても決済に利用できて便利です。

家族カードなら家族は審査なしで申し込みできる

家族カードは、本会員の家族なら審査なしで発行できるクレジットカードの追加カードです。

原則本会員と生計を共にする18歳以上の家族が申し込めます。

家族カードは、本会員の利用可能枠の範囲内で決済をする仕組みです。

本会員が30万円の枠を持っているときは、以下の使い方ができます。

本会員 配偶者 子ども 総額
20万円 5万円 2万円 27万円
30万円 利用不可 利用不可 30万円
5万円 15万円 1万円 21万円

本会員以外の家族が2人なら、3人合わせて30万円まで使えます。

利用可能枠の範囲を超えなければ、誰が多めに使っても構いません。

本会員がカードの限度額すべてを使い切ると、家族は決済ができなくなります。

本会員は審査を受けて利用可能枠が決定されているため、家族が本会員の枠を利用しても支払い可能と判断され、家族は審査がいりません。

家族カードはすでにクレジットカードを持っている家族がいる人に向いています。

クレジットカードによっては発行できる家族カードの枚数が決まっているケースもあるため、家族が多い人はカードの規約を確認しましょう。

審査なしでクレジットカードを作りたい人によくある疑問

審査なしでクレジットカードを作りたい人によくある、以下の疑問に回答しました。

  • クレジットカードの審査に落ちたときできることはありますか?
  • クレジットカードの審査が不安なので審査時間を知りたいです
  • 初めてクレジットカードに申し込むときは審査に通りやすいですか?

比較的審査難易度が低いクレジットカードでも、必ず審査に通るとは限りません。

クレジットカードの審査に落ちたときの対策も知ったうえで申し込めば、審査に落ちても次の対策ができます。

審査時間や初めて申し込むときの審査の通りやすさについても知っていれば、申し込みやすいです。

クレジットカードの審査に落ちたときはどうすればいい?

クレジットカードの審査に落ちたときは、以下の対策ができます。

  • 別のクレジットカードに申し込む
  • 家族がクレジットカードを持っているなら家族カードに申し込む
  • デビットカードやプリペイドカードを利用する

クレジットカードの審査基準はクレジットカードごとに違うため、別のカードに申し込み直すと審査に通る可能性もあります。

2社続けて審査に落ちたときは、審査に通らない理由がある可能性も。

  • 安定収入がないならパートやアルバイトを始める
  • 勤続年数が短いなら3ヶ月以上働いてから申し込む
  • 延滞があるなら延滞解消から5年間待つ

上記の対策をしたうえで、信用情報から申し込みの履歴が消えるまで6ヶ月間待って再申し込みしましょう。

家族がクレジットカードを持っているなら、家族カードを発行してもらうと審査不要ですぐクレジットカードを手に入れられます。

デビットカードやプリペイドカードなら審査不要で誰でも持てるため、家族がいない人はクレジットカードの代わりに発行しましょう。

クレジットカードの審査時間はどれくらいかかる?

クレジットカードの審査時間は、カードによって様々です。

クレジットカード 審査時間
三井住友カード(NL) 最短10秒
JCBカード W 最短即日
Nexus Card 2週間程度

最短即日審査結果が分かるカードから、2週間程度必要なカードまであります。

中には1ヶ月程度かかるカードもあるため、できるだけ早く審査結果を知りたい人は最短即日審査結果連絡のできるクレジットカードを選びましょう。

ただし、申し込みの時間帯や審査状況によっては、発行までに時間がかかるケースもあります。

審査が間に合うよう、必要書類を揃えて早めの時間に申し込みましょう。

初めてクレジットカードに申し込む人は審査に通りやすい?

初めてクレジットカードに申し込む人が審査に通りやすいかは、年齢によって異なります。

年代 審査の通りやすさ
20代~30代前半 比較的通りやすい
30代後半 通りにくい

20代や30代前半なら、クレジットカードの作成やローンの契約がなくても不思議ではありません。

初めてクレジットを作る可能性の高い年代は、過去に延滞した経験のない人が多く、比較的審査に通りやすいです。

ただし以下の支払いを延滞していると、審査に通りません。

  • 奨学金
  • 各種ローン
  • 分割払いで契約した携帯電話の端末代金

延滞の履歴はなく安定収入があれば、審査に通る可能性は高いです。

30代後半で初めての申し込みなら不利になる可能性がある

30代後半で初めてクレジットカードに申し込む人は、審査で不利になる可能性も。

各種ローンを利用していれば別ですが、ローンもクレジットも利用していなければ、信用情報に履歴が残りません。

延滞して5年間クレジットやローンが利用できなかった人と、信用情報を照会したときの見た目が同じ状態になります。

30代後半でローンもクレジットも利用経験がない人は少ない傾向にあり、延滞したため借りられなかったのではないかと疑われ、審査に不利です。

30代でローンやクレジットの利用履歴がない人は、家電や携帯電話の端末を分割払いで契約して支払い実績を積むと、クレジットカードの審査に通りやすくなります。

少額の分割払いから始めて、将来的にクレジットカードを作成しましょう。

-クレジットカード